オーディオに関連したモノについて書くブログです。


by pansakuu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
オーディオ機器
音楽ソフト
その他

最新の記事

Boulder508 フォノ..
at 2018-11-17 22:28
SONY DMP-Z1の私的..
at 2018-10-31 23:48
Stromtank S250..
at 2018-10-25 22:02
巨星墜つ
at 2018-10-15 17:52
Nordost Valhal..
at 2018-09-17 15:38

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧

The CHORD Company Sarum Tuned Aray Reference Tone arm cableの私的インプレッション:ルールの変わり目

e0267928_18595665.jpg


生きるってことは変わるってことさ。
by 加持リョウジ



Introduction

昨夜、少なくともオーディオを趣味にしていない或る男から、
ワンペア200万円オーバーのインターコネクトケーブルに
どういう存在意義があるのか?という質問を受けた。
その時、私は無礼にも彼に問い返したものである。
存在意義?アンタにそんなもの分かンの?

なにしろ、そういうケーブルの存在意義というのは極めて特殊なものだ。
すなわち、ある程度以上に高度なオーディオシステムを揃え、様々な高級ケーブルを既に体験し、ハイエンドケーブルの威力とその限界を知ったうえで、さらに究極のドーピング効果を目指す。そういう特殊なオーディオファイルのために特化したモノがワンペア200万円オーバーのオーディオケーブルなのである。そういう人間にしか、この種のケーブルの意義というか、本当の良さと難しさは分からない。

元来、オーディオには麻薬のような一面があり、一度でもその魅力を取りつかれてしまうと、カネの続く限り、もっとイイ音を、もっと強く新しい刺激を、という風にドンドンと上位モデルへ、あるいはニューモデルへ買い替えて行きたくなるところがある。その最たるものが電線病である。こんな一本の電線が、これほど音を変えてしまうのかと知った途端にもうアカン、というわけだ。本当の病気になると、カネさえ続けば、結局はワンペア200万円オーバーのケーブルに手を出すようになるのは、必然に近い。この感覚は門外漢にはまず理解不能であろう。私の場合は自分のシステムの音で少し難を感じたとき、ケーブルを買い替えて、それを乗り越えるということを常にやってきた。その中でケーブルのグレードアップはアンプやスピーカーを変えるより、大きな変化をもたらすこともあるのも知った。

最近、NordostのODINを全てのコネクションに使ったオーディオシステムを聞く機会があった。御存知のとおり、ODINこそまさに1mのインターコネクトのペアが200万円を超えるシリーズである。私の勝手な推測に過ぎないが、それらをフルに使ったこのシステムでは、アンプやデジタルプレーヤー自体の音はほとんど聞こえていなかったと思う。この出音を支配していたのはNordost製ODINシリーズのケーブル群であった。極端に豊かな響き、強烈に定位するホログラフィックでカラフルな音像、サラウンドに近い感覚の広大すぎるほどの音場、それらはそこにあった機器の素の音からかけ離れた音の世界であったはずだ。これはケーブルが機器のポテンシャルを引き出したという状態ではなく、ほぼ完全にODINの音になっていたと個人的には思う。仮に普通のオーディオケーブルが、音に化粧をするものであるとすれば、ODINの効果はもう整形手術に近いという人がいても、私は反論はすまい。このクラスのケーブルは、メーカーの宣伝文句にも関わらず、音を素通しするタイプのものは事実上ほとんどない。むしろ、音を積極的に自分の色に染め上げようとするだけでなく、周囲を押しのけて自らが主役となり、システムを乗っ取ろうとするものさえあるのではないか。現在の手持ちの機材が非力な場合はそれでもよいが、逆に満足しきっている場合(例えば私の場合だが)、そういうお節介を通り越して、音を支配しようとするケーブルの存在はむしろ邪魔となるかもしれない。
そういうわけで、私はもう高級なケーブルには手を出さないつもりで来ていた。それは、まるで私のオーディオのルールがアナログの存在によって、すり変わったようだった。アナログは素顔のままで十分に美しい。メイクによって隠すべきことも、あえて隠さない彼女、ノーメイクのオーディオが一番美しいと思えるようになった。

喩えれば、アナログオーディオという抗生物質(商品名Perseus)によって、私の電線病はほぼ駆逐されたと言ってもよい。そこには束の間の心の平安が訪れたが、しばらくして音の良いレコードを探すという新たなミッションが加わり、私のオーディオは別の意味で再び忙しくなった。

さて、そういう状況下でも、私にはケーブルのことを完全に忘れることはできない事情がある。アナログオーディオにのみ必要な特殊ケーブルがあるからである。それはフォノケーブルである。すなわちアームのコネクターから出て、フォノイコライザーのコネクターにつながるケーブルであり、トーンアームケーブルとも呼ばれるものだ。このケーブルの特徴は、そこに流れる信号というのが、カートリッジに備えられた小さな小さなコイルと磁石により発電された、極めて微弱なものであるということ。標準的なデジタルプレーヤーの出力の1000分の1以下の大きさしかない、その電流は外乱の影響を受けやすく、また容易に減弱するものである。このケーブルについては未経験の部分が多く、情報も少なく、私の検討は十分でなかった。
このような特別な信号、システム内の他のどのケーブルでも伝送していないほど微弱な信号を通すケーブルは、やはりどんなものでもよいということはない。シールドは厚く、また伝送される長さはできるだけ短く。もちろんフォノ専用に設計、製造されたものが望ましい。そう思った私は例のごとく、幾つかのフォノケーブルの実物に当たり、その技術と音を調べた。その中で、現代的で豊富な技術内容を持ち、最も面白かったケーブルはThe CHORD Companyの最高級ラインの中にあった。


Exterior and feeling

今回、取り挙げるThe CHORD Companyの Sarum Tuned Aray Reference Tone arm cableの末端はRCAタイプであり、見かけ上はこのシリーズの普通のRCAインターコネクトとほとんど変わりはない。細いアース用のケーブルが付属しているくらいしか違いはない。しかし、その内容は異なり、グランドの落とし方やシールドの仕方をMC専用の設計にしているという。特にアナログ機材の周囲に飛び交うデジタルノイズに対する防護を意識していると公言する、このメーカーの特色が出ておるのだろうか。MC専用とMM兼用でモデルを分けるのもここだけだろう。
e0267928_19086.jpg


線体は漂白されたような白い色の合成繊維で織られた、硬め被覆で覆われたもの。軽いケーブルだが、被覆が硬いせいか、やや曲げづらく、取り回しはいまひとつである。フォノケーブルは、アナログプレーヤーの下側から出てゆく場合が多いため、狭いところを通さなくてはならないことも多々あり、取り回しがいい方が有り難いのだが。
e0267928_1904312.jpg


この被覆の下には自社工場で熟練工により引き抜かれた銅線が通る。このメーカーは自社で導体から造るのである。このChordというメーカーは30年ものキャリアを持つ英国のケーブル専業メーカーとのこと。もちろんDACで有名なChordとは全く別な会社である。オーディオの世界では、優れたケーブルはケーブル専業メーカーから生まれることが多いが、Chordもその一例らしい。

RCAコネクターの外側は金属製ではなく、セルロイドのような質感のツヤのあるプラスチックで出来ている。よく見ると不規則な紋理のような、皺のような模様が認められる。この模様が、さっき言ったセルロイドのように見える所以なのだが、聞くところによれば音のチューニングのために、プラスチックに意図的にストレスを加えたために出た模様らしい。コネクターにこういうことをやっているメーカーはここだけかもしれない。
また、フォノケーブルのコネクターの外側というのは、金属製だと、そこに不用意に触れたとき、スピーカーからノイズが出やすい。このケーブルでは、ここがプラスチックで出来ているところがいい。これならノイズは出にくいだろう。Einsteinのフォノケーブルでもプラスチックのコネクターをつかっているが、あれは社外品の流用である。CHORDはあくまでオリジナルにこだわるらしい。
端子部の電極の金属は銀色をしているので、これは高純度な銀でできた電極なのかもしれない。だが、出音には銀らしさはほとんど感じられないので、違うのかもしれない。なんにしろ、オリジナルのRCAコネクターであることは間違いない。また左と右で黒色、赤色とコネクターの色を変えているのも、やや珍しい点だろう。方向性は決まっていて、コネクター付近のシュリンクに矢印で記されている。

目に見えない特徴として、このケーブルは工場でエージングをしてから出荷されるということがある。フォノケーブルを流れる電流はあまりに微弱であることから、何年たってもエージングが完結しないというのがCHORDの主張である。そのため3週間をかけて十分なエージングを施してから出荷するのだそうだ。フォノケーブルの特殊性を理解して、こういう手間をかけるメーカーは他にないだろう。


The sound 
e0267928_1901426.jpg

いままで使ったフォノケーブルの中では、最も音場が広く感じられ、音の細部の表出が著しいものであると考える。今まで存在したフォノケーブルとは違って、明らかに現代的なオーディオを志向するものである。昨今のデジタルファイルオーディオにおけるクリアで音数の多い傾向を少しばかり意識したものかもしれない。

私が現在、メインで使うフォノケーブルはドイツのEMT製のJPC2 Rであり、同社の作る究極的なフォノプリアンプJPA66に合わせて発売されたものである。このケーブル、見かけは大変変わっている。頼りないほど細い線体なのである。これでシールドが、ちゃんと出来ているのか疑いたくなるようなモノである。で、音の方はというと、一言で言えばオーソドックスなアナログサウンドである。見かけによらず普通の音なのだ。まずはしっかりした音像定位を確立し、音楽全体の骨格をきちんと描き出す、その後で音像自体の細部へのソコソコの目配りを、そのうえで、これまたソコソコに音場の広さを意識させる、というような感じで音の要素に優先順位が有るようなイメージだ。これは、どこかヴィンテージの機材の質実剛健な音を思わせるクラシカルな味わいのあるケーブルであるとも言える。このJPC2 Rとはやや対照的な音がSarum Tuned Aray Tone arm cableには与えられていると思う。

すなわち、このケーブルに換えると、出音は明らかにワイドレンジ化され、音の見通しはクリアになってくる。各楽器の前後関係、音の重なり方、音の広がりが明瞭に意識されるようになる。ここらへんの要素は今までのオーソドックスなアナログオーディオ、そこで使用される多くのフォノケーブルではほとんど意識されないものである。旧タイプのフォノケーブルは良いものでも、まず音の内部にある、音楽の骨格から聞かせるような振る舞いがある。だが、今テストしている、このケーブルでは逆で音の周囲にある空間が意識される。
音像の輪郭は明確だが、とても繊細に聞こえる。アナログではとかく太い筆で描いたようなダイナミックな音の躍動に注意がそらされて、音像のディテールに気が付かない、あるいは下手すると細かい音が無視されてしまうことがあるが、このケーブルではそういう聞かせ方はしない。最新のデジタルオーディオのように、音数の多さで耳を愉しませるという部分がある。ここは実はこんな風になってたのか、こんな音が入っていたのかとしきりに感心するパターンである。悪い言い方をすれは、ハイエンドケーブルの術中にハマったとも言えるのだが、いずれにしろ、アナログオーディオに欠落していたものが補完されたようで愉快である。

このケーブルの味わいは上質なミネラルウォーター、それも軟水でなく、硬水のそれに近いサラッとしたもので、後味を引かない。濃厚という言葉はまるで当たらない音。ライバルとして考えられる、未聴のNVSのフォノケーブル、Einsteinのフォノケーブル、そして今後出てくるWire worldのフォノケーブル、などに想いを馳せながら聴くのだが、それらと比較して、このCHORDの音は少なくとも濃厚でないという意味では一番だろうと予想する。このようにハイスピードなサウンドでモッサリしたところがない機敏な音だ。

そうなるとお決まりの高解像度・ハイスピード・広大音場という現代ハイエンドケーブルのトレンドそのもののスッキリ系ケーブルなんでしょうか、という疑いが出るが、
否、そういう単純なモノとは少し違うのである。
つまり、このケーブルには落ち着きというか、スペックをあえて抑えることで生まれるゆとりのような感覚がある。がむしゃらにトップを目指した音、設計者のドヤ顔が目に浮かぶハイエンドケーブルの強烈さはほとんど感じられない。常に一歩引いて、他の機材の影に隠れ、黒子に徹する穏便さがあることを、私は聞き届けた。この穏便さは、ケーブルに要求される様々な音の要素が非常にバランス良く、偏りなく含まれているという意味でもある。このケーブルには突出した音の特徴はないという意味での穏便さだ。Sarum Tuned Aray Tone arm cable従来の多くのフォノケーブルの音を、現代のオーディオのトレンドに合わせて修正したような音だが、行き過ぎたことはしていない。ここでのクール過ぎない、僅かにウォームに傾いた適度な音の温度感は、この穏便さに寄り添うようで好ましい。

逆に言えば、一聴して驚くほどの音の良さ、変化が体感できるようなケーブルでは全くない。下記のような例外的な出来事の除けば、ジワジワと良さが分かるタイプであり、常に周りの機材の音の良さを引き出すような方向にゆっくりと効いているイメージである。私の経験から言えば、こういう程好い高音質というのは、むしろ得難い。
e0267928_06249.jpg

ところで、JAZZのオリジナルのモノラル盤を買うというのはギャンブルで、目視でキレイな盤を大枚はたいて買っても、案外冴えない音だったりすることは少なくない。(いや、多いかも。)逆にオーディオファイルを意識して、オリジナルのテープから注意深く、再度マスタリングされた重量盤の復刻LPの方に、むしろハズレが少ないことが分かってきた。
例えば、Music mattersから出ていたJohn Coltraneの Blue Traneなどはまさにそういう盤で、ジャケットの出来具合の素晴らしさから始まって、その音質が凄い。ノイズはほぼ皆無、ワイドレンジで歪みもない。RVGのマスタリングによる奇妙な音調もここにはない。それでいて音圧や立体感はオリジナルを超えると思えるほど完璧な再発盤である。私は、このタイトルに関しては、高価だったオリジナル盤を売り飛ばしてしまったほどだ。
このレコードを、SarumをつないだTTTcompactに乗せて回してみたら驚いた。実況して書けば、ナンじゃ、この音はぁぁぁ!と心中で叫んで絶句したという表現になる。そして一人で大笑いしてしまった。この音は痛快すぎる。人は不意打ちを食ったときに笑うとギリシアの哲人が言っていたが、そうなった。自分のシステムの出音にIKEDA 9monoとSarum Tuned Aray Tone arm cableの音の要素が加わると、57年前の、この録音がグーンと現代的に聞こえるのだ。大袈裟でなく、ごく最近録音された新譜のように聞こえる。いや、現代にこれほど堂々と確信をもって、こういうクラシカルなスタイルのアドリブを展開できる者は一人としていないのだから、確かに昔の録音のはずなのだが・・・。このトリップした感覚はなんだろう?本当に新しい音だ。しかもステレオじゃない、モノラルなのよ、コレ。このタップリした空気感を伴ったブロウの力強さ、その背景に加わるクリアな音場感。この情報量の多さがもたらす次世代のアナログサウンドは、今までのモダンジャズのレコード再生の作法、定石からは逸脱している。だが、まさに、この逸脱こそが痛快なのだ。これは私の求めている音の一つであるのは間違いない。これほどエキサイティングなサウンドを私一人に楽しませておくのは勿体ないと思うほどであった。


Summary

フォノケーブルとして1.2mで33万円という価格は一応やや高価な部類である。しかし、1950年代から60年代のJAZZのオリジナル盤は一枚でこれくらいするものはある。また欧米のハイエンドケーブルメーカーは意外にも専用設計のフォノケーブルを製造していないところが少なくないので、現状では高級フォノケーブルは市場に多くない。だからTTTcompactあるいはConstellation audio Perseusのような先端的なハイエンドアナログ製品の格やコンセプトに見合うようなフォノケーブルは、そのメーカー純正のケーブルを除けば、なかなか見つからないというのが現状だ。そういう意味では、今回取り上げたThe CHORD Companyのケーブルは貴重である。(ただし、最近はいくつかのケーブルメーカーがこのフォノケーブルに関心を寄せてきている気配があるが)また、例えばペア100万円以上のオーディオケーブルに聞かれがちな、有難くも迷惑な、過剰な音の片鱗が、このケーブルには備わっていないように聞こえることも、個人的には好感度が高かった。この控え目なクォリティ感、このサジ加減がいい。そしてなによりも、従来のアナログサウンドに欠落していた空間情報や音の細部をサラリと出して聞かせようとするところに、私の狙っている新たなアナログオーディオに寄り添ってくれそうな気配を強く感じた。

The CHORD Companyの製品を含め、世界中の様々なケーブルを眺めていると、それぞれのメーカーは自分が求める音に到達するために、自分なりの設計、製造のポリシー・様式あるいはルールを定め、それにしたがって自分の製品を造り、世に送り出しているのが分かる。のみならず実際は、あらゆるオーディオ機材がメーカーごとの製品造りのルールの選択を元にして成り立っているようにも見える。

一方、それらを使いこなす個人のオーディオにもルールがある。オーディオを続け、様々な機材の出す音に出会うにつれて、そのルールは少しづつ改変され、新しく取られ、そして古くなって見捨てられる。そして、メーカーの選択するオーディオのルールと個人の選んだルールとの間に、どれくらいのマッチングがあるのか?それは、その製品を使うか否かに深く関わっていることである。

10年五昔とも言うが、ひと昔前、私が入れ込んでいたようなNordostやTransparent、Jormaなどが作る超高級ケーブルたちが選んだ音のルールは今のシステムには合わないだろうとなんとなく思う。ああいう半ば鬱陶しいケーブルの存在感を今の私は望んでいない。アナログオーディオへの傾倒が、私個人のオーディオのルールを変えたのである。そう、これは自由に変えていいことなのだ。はっきりしていることは、アナログオーディオは素顔のままで十分に美しい、十分過ぎるほどだということ。化粧はいらない。つまり、私の選ぶケーブルとは、非常に優れた性能を持つが、その存在を主張しないこと。それが新たなルールだ。そして私は、新しいルール下でのケーブル選びの仕上げとして、以前ならあえて選ばなかったかもしれないSarum Tuned Aray Tone arm cableを指名するだろう。
e0267928_1903384.jpg

思いもよらぬことで、世の中の潮目は変わる。
これはあの大地震が証明して見せたことだ。
そして、あれほどの大事とは比べものにならぬほど些末な事だが、
私のオーディオ観も、偶然か必然か、
思いもよらぬことで突然に変化してゆくのも避けられぬ。
じゃあ、そんなオーディオの変り目ってヤツに意味なんかあンの?
あの酔っ払いは意地悪にも私に再び問いかけるのかもしれない。
そうなったら、私は再び言い返すつもりだ。
意義?そんなものアンタに分かンのかい?
その一言は、
変化をチャンスと捉え、未知のオーディオを開拓してゆく醍醐味、
それが余所者(よそもの)なぞに分かる筈もないとでも言いたげな、
極めて挑戦的な口調となるに違いない。

by pansakuu | 2014-08-17 19:05 | オーディオ機器