オーディオに関連したモノについて書くブログです。


by pansakuu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オーディオ機器
音楽ソフト
その他

最新の記事

ヘッドホンに関するフラグメンツ
at 2017-09-02 23:41
OCTAVE V16 Sin..
at 2017-09-01 00:46
Sennheiser HE-..
at 2017-08-20 19:01
ハイエンドオーディオの乖離と..
at 2017-06-05 22:09
マス工房 Model406 ..
at 2017-05-10 23:07

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧

SONY MDR-Z1Rを鳴らし切る①:流砂の中で

e0267928_23362548.jpg


流砂は圧力がかかって崩壊するまでは、一見普通の地面のように見えている。
Wikipedia



眼の前に3つのヘッドホンが置かれている。
GRADO GS2000e、Focal Elear、そして SONY MDR-Z1R。
これらのヘッドホンの限界を実際の自分のリスニング環境で見極めることがさしあたりのオーディオのテーマと、私はなんとなく決めていた。
しかしそれ以外の、それにまつわる事々は多少混乱しているということだ。
これはそれぞれのフォンの限界を極めるという話だから、これらのヘッドホンを「鳴らし切る」と愚かにも宣言しているのに近い。しかし、その向こう見ずと高慢につかまって私は生きているのだから、やむをえない。
e0267928_23361137.jpg

とはいえ、GRADO GS2000eに関しては、なんの苦労もなくあっけらかんと美味しい音で鳴るのは確認できている。これは素のままでも実に鳴らしやすい。それに手持ちのRe Leaf E1xとの相性も抜群である。このアンプのノイズの少なさ、特性の素直さ、澄み切ってスピード感の高い音調が、そのまま軽々と出て来る。さらに私はGRADO社の方針に逆らって、XLR×2のバランス接続をリケーブルで実践しているが、シングルエンド接続に倍するほどの快感を得ている。GS2000eを客観的に見れば、造りの上でも計測値の上でも極端な高音質は望めぬように感じるのだが、実際に優れたアンプでドライブしたときのGS2000eの快音に虜にされない人は少なかろう。これは、不思議といい音を聞かせるヘッドホンシステムである。音響の専門家の意見とか、計測値とかの信頼性は、ここでは疑わしい。むろん、低域が軽いとか、多くの音が重なった時は分離が若干悪いとか、言いたいことはなくもないが、この軽快な装着感と優れたサウンドフィーリングは、そんな些末なことをすっぱりと忘れさせてくれる。老舗の貫録が音の軽みとして滲み出るという希有なるヘッドホン。このサウンドを押さえていれば、他の二機がどうなろうと、それほど困ることはないという保険のような側面もある。
e0267928_23361530.jpg

Focal Elearにしても特段なにもせずに整った音を出せるが、他の二機にあるフラッグシップとしての凄味はないかもしれないと思い始めている。このヘッドホンは音質の限界を追求するようなタイプではなく、スタンダードなクラシック音楽やJAZZを常に安定した高音質で流し聞きするのに適したヘッドホンである。上位のUTOPIAのように悩みながら、最適条件を手探りで求めて行くような難物ではないと思う。リファレンスクラスよりは気楽に使えるヘッドホンであり、他の二機のリスニングの間を縫って、こちらもこのまま使い続けようかと考えている。機会があれば飲む高級なブランディのように、少しづつ聞いている現状である。そういうことでこちらにも悩みを感じていない。

一転して問題はSONY MDR-Z1Rである。
試聴段階で、このヘッドホンの潜在能力は今あるヘッドホンの中でも抜きん出ていると感じた。だが、手元で鳴らしてみると、その限界はなかなか伺い知れなかった。
そこから混迷は始まった。
このヘッドホンにヘッドフォニアがシリアスに取り組む様子は、まるで砂漠の流砂地帯に迷い込んだ遭難者のようだ。
当初このMDR-Z1Rについては、叩き台となる基本構成も決められなかったほどだ。お店に持ち出して、様々なアンプにつないでみても、どうもとっかかりがないのである。確かにどのアンプでも十分にいい音で鳴る。だが、すぐに上を目指せる機材やセッテイングのアイデアが頭の中に湧き出てくる。急いでそのアイデアを試すと、即座に反応してさらに上の世界を見せてくれる。その時点でまた改良を考えついてしまう。まるで砂を掴むように、最適なシステム構成・設置条件がどこかに逃げてゆく感覚の繰り返しなのである。
ここ一か月の試行錯誤をここに書くつもりはないが、とにかくダラダラと寝不足が続いていた。
私の脳裏には流砂にはまるようにズブズブと、このヘッドホンにハマってゆく自分が見えていた。

購入前から、このフォンがどんなセッティングでもきちんと鳴るのは知っていた。私個人の印象ではMDR-Z1Rを鳴らす機材として、やや貧弱と思えたNW1Z単体ですら、あれだけのパフォーマンスが出せていた。だがMDR-Z1Rのポテンシャルは、あのサウンドより遠く高いところにあるのは経験を積んだヘッドフォニアならば誰しも直感的に分かったはずだ。
現在の状況として、私はGOLDMUNDのTHA2を用いて、Z1Rの可能性を探っている最中だが、THA2をまだ十分使い切れていないこともあり、この系統で完成型を得るのはまだ先の話のような気がする。THA2については追々、書いていくことになるが、さしあたり、旧系統であるRe Leaf E1xとのペアで私の聞き取れた範囲を中心に、所々でTHA2で得られた知見を交えつつ、このヘッドホンの音のあらましを簡潔に押さえておこう。
(なにしろ私自身が混乱しているので細かい部分で辻褄が合わないこともあるかもしれないが・・・・)
e0267928_23361973.jpg

どんな方法をとるにしても、MDR-Z1Rを鳴らし切る、などという企画の遂行は容易ではない。
そもそも現代の高性能ヘッドホンの一般論として、その実力を使い切っていると確信できるようなセッテイングを定めることは簡単ではない。現在、取りうるオプションの多様さを踏まえると、それらを検討して取捨選択し、残った手を試し尽くすのには相応の時間とカネ、そして労力、経験と勘を要するからだ。

MDR-Z1Rは、ふんだんに新技術を注ぎ込むことで密閉型ヘッドホンの新たな地平を目指したギアであり、ここまでTH900Mk2やEdition5あたりで止まっていた密閉型ヘッドホンの進化を次の段階に押し上げたプロジェクトである。
出来る限りの技術と物量を投入したうえで、デザインや仕上げの良さ、価格をも追求しつつ、マイナーだが切実なマニアのニーズに応えた製品というと、ここ数年のヘッドホンオーディオの盛り上がりの中においてさえ、ほとんど見いだせなかった。確かに色々と高性能・高価な製品が次々にオンステージしていたものの、いつも微かなコレジャナイ感が漂っていたのは否めなかった。それは、優れて革新的な密閉型ヘッドホンが、なかなか出て来なかったからである。名機Ultrasone Edition9が発売されてから10年。TH900とEdition5を除けば、私にとって目ぼしい密閉型ハイエンドヘッドホンの新製品はなかった。
(それにTH900にしろEdition5にしろ、熟成と洗練を感じたが、革新を感じるものではなかったのは不満だった。)
そして2016年後半、ワケ知りのヘッドフォニアが求めていた、ありそうでなかった製品MDR-Z1Rがやっと登場したのだが、このレベルの密閉型の新製品が乏しかった十年の間にヘッドホンアンプやリケーブルは進化し、多くの選択肢を抱えるようになった。この状況の変化は無視できない。さらにヘッドフォニアたちの耳も肥えて、知識も増えた。新たな密閉型ハイエンドヘッドホンを鳴らすための組み合わせ・使いこなしのバリエーションはEdition9が発売されたころに比べて飛躍的に増えている。

また、これだけ盛りだくさんの技術内容を持つヘッドホンだけに、このMDR-Z1Rには小さなDAPに内蔵されたアンプなどでは出し切れない、伸びしろが残されていると私は信じている。私の想像では恐らく開発者たちですらまだ知らない未知の能力がここに眠っているはずだ。このように多くのセッテイングの選択肢と知られざる能力を秘めたMDR-Z1Rを「鳴らし切り」、開花させることが私の当面の関心事となった。

例えば、現在の私の分類では、バランス接続とシングルエンド接続に関して顕著な差が出やすいヘッドホンと、あまりそこに音質の差を感じさせないもの、そしてもともとシングルエンド接続しかできないものの3種類に現代のヘッドホンは分かれると思う。
モガミのケーブルを用いた自作のリケーブルでの試聴だが、いくつかのアンプで試したかぎり、MDR-Z1Rは最初の種に属するものと思われるので、バランス駆動することを私は強く推奨する。実際にシングルエンド接続の場合はよほど優れたアンプでないかぎり、同格のアンプによるバランス駆動に劣ると思う。特に低域の解像度やサウンドステージの広がり、音楽の躍動感の表現の幅の広さに明らかなバランス駆動の優位性を認める。
このMDR-Z1Rは大きな振動板を持つせいか、ややふくよかな低域を持つという感想を持つ人が多い。この低域の量感の大きさは、駆動力のないアンプでは単なる音の緩さやダルさに直結してゆく。バランス駆動なら、アンプのグレードを多少下げても、満足ゆく結果が得やすい。

好みの問題もあるだろうが、私は最近のオーディオ界全体で低域を締め上げ過ぎていると思うので、こういう低域の量感を重視した音調も、そろそろアリだとは思う。これを低音過多とか、ボワボワした甘い音だとか言うのは自由だが、そう言う人のリスニング環境は、私にしてみれば不十分と思われることが多い。MDR-Z1Rが求める水準をクリアしたヘッドホンアンプにバランスでつないで聞いてから自分の意見を述べても遅くないと諌言したい。

MDR-Z1Rに関して、自分がひとつ最高の組み合わせと思うアンプとして、手前味噌と言われようとも、やはりRe LEAFのE1を推す。
(SONYの純正組み合わせと言えるTA-ZH1ESも悪くないが、これは値段なりのものだと思う。)
まずこのE1は基本的にSNがいい。これはMDR-Z1Rの出音の性質によく合う条件だ。このヘッドホンは密閉型の中でも背景の静粛性が強く前面に出る部類であり、ドライバーの軽さと相まって微弱な音がかなりよく聞こえる。残留ノイズが少しでも多ければ、リスニングにモロに影響してしまう。事実、このヘッドホンとE1をバランス接続したリスニングは神経質と表現したくなるほど、音楽の細部が見事に表出する。
E1はクリーンで強力な駆動力を持ち、バランス駆動が可能なものであり、癖も極端に少ない。私の知る限り、現時点では世界で最も優れたヘッドホンアンプである。このアンプでドライブするMDR-Z1Rの低域は豊かでありながら、見通しはとても良く、スピード感に溢れている。そして緩さは微塵も感じない。またヘッドホンの程好い重さ・装着感の良さ、音質の素直さの相乗効果で聞き疲れは皆無に等しく、ついつい朝まで聞いてしまうセットであることも書き添えておこう。このヘッドホンが来てから、音楽とヘッドホンオーディオに向き合う時間は確実に増えた。

さらに、これほどの出音の良さを説明するには、Re Leaf E1がその体内深くに隠し持つ過去のSONYの遺伝子が最新のSONYのヘッドホンと共鳴するという現象を思い起こすべきかもしれない。そんな物語めいたことが本当にあるのかと疑いわれても仕方ないが、経験上、それはありうる。現にMDR-Z1Rには、まるでRe Leaf のアンプをリファレンスとして開発されたかと疑うほど、E1との相性の良さがある。オーディオは単独の機材では基本的に完結しないので、つながる機材どうしの相性は重要なファクターである。
形態上もシンプルで突起や装飾の少ない、どこか無印良品的なアノニマスデザインであるのが共通している。白いMDR-Z1Rか、黒いE1があれば色彩感覚上も親和性が増すかもしれない。(ところで黒いNAGRA HD DACを最近見かけた。アレは欲しい。)
両者とも、かつてないほどピュアで正確な音を目指すというコンセプトをもち、両者とも日本で開発され、日本で製造されるものだ。このリスニングでは、メーカーは異なるけれど、SONY、そして日本という同じ根っこを持つ二つのマシーンの邂逅の果実がかぶりつきで味わえる。やや淡白で精妙だが驚くほど複雑多様な味わいが大脳皮質いっぱいにインパルスとして広がってゆく美味しい快感に浸る。

最近の私はE1のDACをバイパスし、純粋なアナログ入力のヘッドホンアンプとして使うことも多く、その場合は上流にNAGRA HD DACを据えている。この状態でのMDR-Z1Rの音の特徴を短くまとめるなら、出音が極度に精緻なこと、そして背景が真に黒く静かなことに尽きる。
この二点にかけてはMDR-Z1Rは今まで聞いたどのヘッドホンも敵わないのかもしれない。
このセットでのリスニングでは、澄みきって静まりかえった背景がまずある。ヘッドホンを正しく装着した瞬間から、そういう厳然とした音響空間にリスナーは立たされる。そしてプレイボタンをクリックした次の瞬間に、この奥深い暗黒の静寂から音像がスウッと立ち上がる光景を目の当たりにする。そして、ストレスレスかつ精妙な音楽の動きに耳を奪われる。整然としたデティールに満ちた正確で端正な音像が暗黒の空間の中に見事に定位した様子は、色彩感で言えば淡色、動きの要素について言えばややスタティックな趣きであり、極彩色でダイナミズムに溢れたGOLDMUND THA2でのリスニングとは対照的である。またNagra HD DACを使わず、E1に内蔵された電流駆動のDACを使った場合よりも、演奏の微妙なニュアンスが豊かになる。
ここでの背景の静けさは密閉型独特のものと思われるが、反面として、密閉型にありがちな音場の狭苦しさがほとんど感じられないのが珍しいし、素晴らしい。これほどサウンドステージが広く感じられる密閉型ヘッドホンは他に知らない。この特徴は非常に独創的な局面であり、TH900MK2やEdition9をさしおいて、このヘッドホンをあえて選ぶ意味があるところだ。また、実際に使うと外部への音漏れはとても少ないことも分かって嬉しくなる。密閉型のメリットは深夜のリスニングなどでの音漏れの少なさであり、デメリットはその反面での音場の狭さであった。この矛盾を今までにないレベルで解決したMDR-Z1Rの戦果は大きい。

Nagra HD DAC+Re Leaf E1x+SONY MDR-Z1R、Grado GS2000eは私のヘッドホンオーディオの集大成の一つとして位置づけられるセットである。ただオーディオは山脈のようなものであり、多くの異なる頂の集合体であることを考えると、ここで満足するわけにはいかない。ここからの眺めは、ここからのものに過ぎない。私は新たな頂を目指して、動き始めている。

また、このヘッドホンを、このセットで使っていて思うのは、他のヘッドホンよりもセッテイングの小さな改変に敏感に反応しやすいということ。例えば付属のヘッドホンケーブルを用いて据え置きアンプのシングルエンド接続で使う場合、標準フォーンプラグとミニプラグの変換アダプターをかませて使うことが考えられるが、この変換アダプターの材質や形状、メッキによって、これほど音の違いが出るのはあまり記憶にない。SONYの純正品はもちろん、フルテック、JVCなど、5種類ほど持っているが、Z1Rは全て音質の違いを明確に描き分けた。こうなるとリケーブルするときに、あわせて最適なプラグも探した方がいい。また、アンプを置いているボードや台の材質、アンプの足の材質、数までもはっきりとした違いとして聞こえてくる。もちろん電源のグレードの違いも他の多くのヘッドホンよりも聞こえるし、インターコネクトケーブルの音質差は勿論のこと、その這わせ方、ケーブルインシュレーターの有無なども小さいが克明な違いとして出音に反映される。
さらに、このヘッドホンほど録音機材や録音・編集の手法の違い、ハイレゾかDSDか、などのフォーマットの違いを聞き分けやすいヘッドホンは少ないと思う。特にハイレゾに関して基底の16bit 44.1kHzのデーターあるいは圧縮音源との音質の差がとても分かりやすくなったのが印象的だった。今まで、この部分であまり大きな音質差を感じないことが多かったが、それは認識不足、経験不足であったらしい。この格差はNagraを始点とするセットよりも、THA2とペアリングさせたMDR-Z1Rのサウンドで顕著であった。ただ、これはヘッドホンの力だけでなく、THA2が実装するジークフリートリンキッシュによるところも大きいような気がする。このリスニングの詳細については次稿で述べたい。

MDR-Z1Rをより良い音で聞きたいならリケーブルは必須である。付属するケーブルはしなやかで取り回しの良いものであり、音質的にも悪いところはどこにもないが、際立った高性能感は皆無である。プラグについてはミニプラグがデフォルトであることも私のような据え置き派には解せないところだ。MDR-Z1Rはその大きさからして明らかに据え置きアンプでのリスニングに適しており、AK380やNW1Zにつないで電車の中で聞くようなものではないはずだ。MDR-Z1RとNW1Zをリンクさせようとするメーカーの意図は大人の事情として理解できなくはないが、多少無茶振りであることは否めない。やはり据え置きアンプ用として標準のシングルエンドフォーンプラグがデフォルトでついたケーブルも付けるべきだろう。既述のように変換アダプターの違いがこれほど良く分かるフォンはないのである。音がその選択でコロコロ変わっていいはずがない。

私の求める条件を満たすリケーブルはMDR-Z7用として発売されているので、もちろん入手している。MUC-B30UM1である。これはKimberと共同開発したブレイド構造のリケーブルだが、THA2につないで聞いてみると、付属のヘッドホンケーブルと比べて、出音は相当に違うと感じる。リケーブルすると、もともと澄んでいた音場がさらに澄み、音は立体感を増す。音の粒立ちがグッと良くなってくる。若干あった高域のキツさがとれて、低域の押し出しが強くなり、中域の解像度が高まる。これはTHA2とシングルエンド接続している状態での変化であるが、既述のようにMDR-Z1Rはバランス接続にすると、シングルよりも音が良くなるので、E1用のバランスリケーブルもキンバーのAXIOSにすればさらに良くなると予想される。
こうして、さらに、さらにと上を目指して行きたくなるMDR-Z1Rであるが、逆に言えばどんどん流砂にハマっていくような怖い感じもなくはないギアである。

言い換えれば、これは真剣に取り組めば取り組むほど結果を出すヘッドホンであると言ってもいい。こいつに本気を出させようとするなら、その分、オーナーはセッテイングに疲れてしまうだろう。だから今は、むしろエイッとラフなセッティングに戻して、ギリギリに煮詰めることはあえてしていない。
特別なインシュレーターはなるべく外し、スパイク受けのウラに張るものの検討は中止、アンプの置き場所も試行錯誤はやめて、ケーブルは適当に這わせ、ウエイトはトップパネルから取り払い、電源ケーブルも普通に使っているものに戻し、アースも考えないことにする。

ケーブルやアクセサリーに凝れば凝るほど音は研ぎ澄まされていくのだが、それは結局、飽きに繋がっていくものだと経験で知っている。例えば私がケーブル道楽を止めて随分になるが、それはやはり精神的にも金銭的にも疲れたからだし、ケーブルは高級になればなるほど、腰かけ的な心構えで使うことが多くなり、高価であればあるほど、そして高性能であればあるほど、愛着が持てず、むしろ売り払いやすくなってしまうことに気付いたからでもある。つまり過度にセッティングにこだわることは飽きを早め、手がけているオーディオシステムの寿命を結局縮めるのだ。だから、今はザックリした着こなしのシステムに意識して戻している。

こうしてセッティングに夢中にならないように心掛けても、やはり気になる点は残る。リケーブルをまだ十分に試していない。リケーブルこそはヘッドホンリスニングでは音質への影響が大きいファクターである。こちらの情報が正しければKimber kableから上位の銀線のリケーブルが出るはずで、実はそれを横目で見ている。Siltechのリケーブルは値段のわりにいま一つだったし、PADのリケーブルは謎が多いので様子を見ているが、これらも候補から外していない。
つまりまだなにも決めていないのである。
e0267928_2336296.jpg

まだ流砂の中から脱出したわけではないのだ。動くのをいったん止めて、これ以上沈むのを避けているに過ぎない。MDR-Z1Rとのリアルな格闘が続く。

by pansakuu | 2016-11-26 23:41 | オーディオ機器