オーディオに関連したモノについて書くブログです。


by pansakuu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オーディオ機器
音楽ソフト
その他

最新の記事

ヘッドホンに関するフラグメンツ
at 2017-09-02 23:41
OCTAVE V16 Sin..
at 2017-09-01 00:46
Sennheiser HE-..
at 2017-08-20 19:01
ハイエンドオーディオの乖離と..
at 2017-06-05 22:09
マス工房 Model406 ..
at 2017-05-10 23:07

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧

Dayz go by:オーディオに関する日記の断片


○月○日
LCD-4が修理されて戻ってきた。
随分と時間がかかった。オーディオ機器の故障には何度も遭ってきているが、こんなに戻ってくるのに時間がかかったのは初めて。LCD-4はドライバーの製作に時間がかかるのに、世界中から多くの注文があるため、全くそれを捌き切れていないと聞く。その影響なのだろうか。

修理されたと書いたが、正確には違うようだ。噂では1stロットのドライバーに振動板が破れる不具合が世界中で出たため、その辺が改良された2ndバージョンの新型ドライバーに交換されているとか。つまり違うドライバーが載ってるらしい。新型に移行したのだ。実際に聞いてまず感じたのは、2ndバージョンは1stに比べて能率が少し低くなったということ。振動板の強度を上げて耐久性を高めた結果、少し振動板が重くなったのだろうか。詳しいことは分からんが、確かに音は変わった。

こうなると1stロットのドライバーで聞いていた時と同じ音量を得るため、もっと遠くまでボリュウムノブを回す。それぞれのアンプのボリュウムにはスイートスポットというものがあり、そこに入ればいいんだが・・・。1stのLCD-4で、能率が高すぎてボリュウムが上げられなくて困っていたヤツが居たとしたら、今回の改良は喜ぶべきだろうね。まあ、お話にならないくらい1stのLCD4のタマ数が少ないから、そんな人はいるのか、いないのか。音質の全体の傾向はあまり変わらないが、軽やかに鳴る感じは目立たなくなって、逆に音の重さや厚さが増したかな。ボーカルの年齢が若干上がったような印象か。わずかに音が濃縮されたようなイメージもあるね。音質の格付けとしては未だに現代最高のヘッドホンサウンドのひとつだと思うけど、前のバージョンの音は捨てがたい。今更どうしようもないけど。
そうこうするうちに、キャンセル品が出たらしく、LCD-4の店頭在庫が出ている。待っていた人にはいい知らせだ。世の中には意外なことが起こるものだ。


○月○日
LCD-4を使う外国人の知り合いに、今のLCD-4について話したら、上手い方法があるから、ここにRe Leaf E1xもって来い、俺のを聞かせると言う返事がかえってきた。
私は早速、彼のマンションにE1xをもって出掛けた。

そこで撮った、彼のLCD-4の写真は消した。哀れなものだからだ。簡単に言えば彼の2ndバージョンのLCD-4はサイドの金属のグリル(Aの形に見える網目の入った板)とその下の薄いスポンジが外された状態で、配線とドライバーが露出した状態だった。ドライバー自体にもグリルが付いているので中身を壊す危険はあまりないが、美観が良くない。しかし、彼が言うには、こうすると、物凄く開放的な音になるのだという。グリルを付けているとドライバーの背面から出た音が、スポンジとグリルで跳ね返り、耳に聞こえるので音像が濁るのだとも言う。

とにかく聞いてみよということなので、Re Leaf E1xを繋いでみる。
なるほど、確かにこれは音が広い。音場が拡がり、音のヌケが一段良くなった。人の声がいっそう自然に聞こえる。1stロットのドライバーに聞かれた軽快さまではないが・・・これはなかなか良い。また、自分の欲しい音を得るためなら手段を選ばない、彼の根性にも感服した。
しかし、プラスドライバーでこのグリルを開けたりするのは自己責任だから、それはやりたくない。なにより美観に問題があるよ、○さん。
はじめて聞くRe Leaf E1xに有頂天になっている彼の背中を眺めながら、これは惜しいな、と思っていた。音が良ければなんでもいいというわけではないから。

○月○日
今、メインで使っているHD650や600のモディファイはLCD-4ほど豪華なサウンドではない。だが毎日、様々な音楽を様々な音量で聞いて、飽きが来ないし、疲れもしないという意味では勝っていると思う。デザインは極めてシンプルで軽く、コンパクトなので、また一つのギアとしてのまとまりも秀逸である。
LCD-4は2ndバージョンでも十分にTop of the worldと言い切れる音だが、こんな豪華なメシを毎日食わされるのもキツい。とにかくこの音ときたら、数時間でもうお腹いっぱいだ。E1xとかNAGRAとペアにしているせいだろうか?それに重さや大きさがあるので道具としての扱いづらさがある。これは少なくともスマートな道具じゃないし、エレガントじゃない。ただし音は良い。そこは間違いない。大したものだ。確かに1stロットの持っていた独特の繊細な音、軽妙なニュアンスが失われているが、これはドライバー自体の問題であり、ユーザーにどうこうできることじゃない。
好みによっては2ndバージョンの方がいいという意見もありそうだし、振動板の強度不足が解消されたということは喜ばしい。私が他人に薦めるなら1stより2ndということになるし、これから先は基本的には2ndしか手に入らないだろうし。考えても仕方のないことも多い。

○月○日
オーディオに関して迷いがあるとき、いつも思うのは、この趣味は単純ではないということ。音が良ければなんでもいいというわけじゃない。中国の方の協力を得て、ケーブル類を全てNordostのODINに換えて聞いたが、これこそtoo muchと言うべき音だった。大好きなConstellationのPerseusの存在感が消え去り、ODIN一色に塗りつぶされたサウンドは素晴らしくもあり、悲惨なものでもあった。ただ、これらを貸してくれた方は派手で強力なサウンドを好むので、これでいいと、ご満悦であった。大陸的な精神と島国のエスプリはやはり異なるのだろうか。

そもそもオーディオファイルという奴は、意識的にしろ無意識にしろ、出音に不満がある時に新たなケーブルやアクセサリーやルームアコースティツクを求めるものだ。だが基幹となる送り出し、アンプ、スピーカーが本当にしっかりと自分の好みにハマっていれば、そんな余計な苦労は必要ない。私にはPerseus もTTT-Compactも、E1xもある状態なのだから、今の所はケーブルに凝る必要はないのだと再確認した。
おそらくODINのような劇薬を欲する人は、ODIN単独のサウンドを本当に愛しているか、自分で自分の好みが分からなくなって迷っているかどちらかなのだろう。
だが、あまり出しゃばらないケーブルなら欲しい。例えばCHORDのMUSICとか。密かに狙っているところです。
e0267928_0451878.jpg

○月○日
プラタナスのカートリッジとグランツのアームMH124DLCのペアでアナログレコードを聞く機会があった。これはNordostのODINのテストと違って、なんとも言えず聞き易いのである。スッと音楽に入って行ける。グランツのアームはバージョンが変わるたびに試聴しているが、反応性や分解能が増してる。以前のバージョンは音の太さ、力強さが信条で、繊細さに欠けていたが、この最新バージョンは極めてハイスピードで、音の解像度も高いようだ。
e0267928_045977.jpg

プラタナスのカートリッジは、おおらかだが、細かさもある。昔のカートリッジのように、音楽を俯瞰的に聞かせつつ、リスナーをリラックスさせるゆとりがある。それでいて音に大雑把な荒さがなく、現代のカートリッジらしい分解能の高さ、スピード感もあるようだ。値段も安い。いま使っているウルトラエミネントより20万円ほど安いが、普段使いならプラタナスの音の方がいいかもしれない。
アナログオーディオというのは、アナログレコードという形式自体に、もう既に人間を愉しませる音の要素が盛り込まれているので、選択さえ誤らなければ、そんなに高級な機材を使わなくても十分に楽しめる。例えばPerseusは圧倒的に音が良いフォノだが、これの20分の一くらいの価格のフォノでも、ほぼ同じレベルの感動を得ることができなくはない。ただ、そう断言するためには、どうしてもこの500万オーバーのフォノを手元に置いて使ったという経験を経る必要がある。そこがオーディオの難しいところだろうか。
e0267928_0492570.jpg

○月○日
そのつもりはなかったのだが、MergingのNADACを聞けた。スピーカーでしか聞けなかったが、これは本当に素の音を聞かせるDACで、飾り気がないものだと分かった。かなりスッキリとした音。高域は自然に伸びていて、中低域はやや薄いか。音数はとても多いが、それを前面に出さない、控えめな音。温度感はニュートラルで、音は軽めだが、結構、生々しい感じもある。とにかく全体のバランスがとても上手くまとまっていて、不満を感じなかったのが印象的。玄人好みというか、分かる人には分かるでしょという感じの音だ。中身を開けて見せてもらったのだが、かなりスカスカでこんなものに100万オーバー払うのはどうかと思ったが、音は悪くない。DAVEのようなパッと聞きのアピール、引きの強さはないのだが、NADACをあえて選ぶことのシブさはあるだろう。DAVEを買いたい誘惑に逆らった自分を褒めたいとは、オーナー様の弁である。このNADACのオーナーはDAVEはミーハーな音で嫌だったとも言っていた。確かにそうかもしれない。分かりやす過ぎるかもな、DAVEの良さは。実はこのNADAC、話題にはあまり登らないが、日本では地味に売れているらしい。車でいうとアウディみたいな、派手じゃないけど高性能という所が、日本人好みかも。逆に中国などでは、コイツはアピールしないと思うけど。

○月○日
近頃、スピーカーであまり音楽を聞いていない。
つまり、ヘッドホンだけで音楽を聞く生活に一時的にだが移行している。
アナログレコードもヘッドホンで聞いている。これで十分に堪能できる。
実は、かなり前から、いつかはこういう時期が来るだろうと思っていた。
振り返るとG ride audioのGEM-1というヘッドホンアンプとリケーブルされたHD600の組み合わせを聞いた時にそういう予測を立てたのが最初だった。(思えばあのHD600はGolden eraだった。GEM-1のプロデューサーの耳は鋭かったということか)
あの瞬間、ヘッドホンオーディオはハイエンドオーディオの一つのジャンルとしてきっと独立できる。少なくとも自分の中では、そういう確信が頭をかすめた。

細かくて口うるさい現代日本では、たとえ防音室をもっていたにしても、夜中にスピーカーを大音量に鳴らすのは憚られる場合もあるようだ。防音室を建てて10年以上たった今年の冬、ついに近所から苦情が来たというオーディオファイルに会った。防音室も劣化するのだろうか。防音室すら設けることのできない、都会のマンション住まいの私にはハイエンドヘッドホンはやはり必需品である。

勿論、このスピーカーオーディオの不在はかつてやっていた時計を集める趣味の中断や、ライカやハッセルへの入れ込みがなくなった時と同じく、永遠の別れではないだろう。実際、ドイツ魂を具現化した時計、モリッツグロスマンの出現はビンテージのパテックで時計趣味を終わらせたはずの私を覚醒させつつある。ライカモノクロームやアポズミクロン50mmの登場も私の心を掻き立てる。
スピーカーオーディオの中断も恐らく一時的なものだ。
とにかく現在(いま)はスピーカーの相手をしている時間がない、そして、真に気に入ったプリアンプとパワーアンプのペアが見つからないというだけなのだ。

○月○日
一番困るのは、欲しいオーディオ機材が少なくなったということだろう。
例えばアンプ。10年前のアンプと比べて音は若干よくなっているか、あるいは横這い状態だが、価格は二倍以上というケースに多く出くわす。高級機械式時計と似た状況だ。今は中古が狙い目の時代だと思う。虚心坦懐に聞けば、昔の機材はSNが若干落ちていたりするが、音のインパクトとしては現在の機材を超えているものも少なくない。過去のジェフやクレルのアンプのフラッグシップを聞くとその感が強い。
ファンの方には本当に申し訳ないが、B&Wの最新のスピーカー群も深く考えながら聴くと、もしかして改悪なのではないかと思うことがある。この音は一部のハイエンドなヘッドホンの音に近い。細かい音を完璧に聞かせることはスピーカー離れしているが、聞いていて音楽が音に聞こえることが多い。例えばセクシーな音楽を聞いても、少しもセクシーに聞こえない。ムラムラッと来ない。ビシッと締まった合理的な音だが息苦しい。音楽の中で音がどうなっているかが、とてもよく分かるけれど、真に俯瞰的に音楽を聞く視点がなく、逆に音楽の中に入り込むこともないうえ、スピーカーが悠々と歌っているような楽しさも感じたことがない。これは聞きようによっては強烈な個性かも。私は生物を命あるものとして扱わず、タンパク質の塊として扱うことに賛成はしかねる。同じように音楽を音波の時系列として扱う立場に私は馴染めない。それに、このスピーカーはよほど優れたアンプをあてないと、ポテンシャルを引き出せないだろう。特性上は極めて優秀なので、一聴、どんなアンプをあててもきちんと鳴っているように聞こえるはずだが、その音は実は精神的に空虚で無味乾燥なものだ。このスピーカーに魂を吹き込むにはかなりの金策が必要となるだろう。
あるお宅でJBLのパラゴンを聞いたとき、なにか古臭い音だが、物凄く人間の精神の真髄に触れている気がしたのを思い出す。昔のモノがなんでもいいなどと絶対に思わないが、最新のモノにも常に疑問を感じる。

このB&Wのシリーズは高価なためか、予想外に売れ行きは悪いという。確かに前のバージョンのように、中古のB&Wが大量に出回る現象はないようだ。悪くないというか、とにかく高性能なスピーカーだし、これを今年のメシのタネにしたいと語っていた関係者もいたが、どうなることやら。

○月○日
私はハイレゾとかいうものに興味はないわけではないが、
あれはあくまで音楽の録音と再生の一様式にすぎないんじゃないかと思う。
実際にそういう冠のついたデジタルファイルを買って聞いている消費者ではあるが、
それを殊更に意識して買ったことがないし。
とりあえず聞いてみようかくらいの軽い気持ちでダウンロードする。
ハイレゾかどうかよりは、まずは欲しい音楽の内容かどうか、もっと具体的には曲がいいのか、音作りが面白いか、歌詞がカッコいいかとかそういうことの方が気になる。
つまり、たまたま欲しい音楽がハイレゾで配信されていれば、試しに聞いてみるかというノリでダウンロードするぐらいだ。聞いてみてダメなら打ち捨てておくし、そうでもないなら聴き続ける。それだけのことである。
逆に言えばハイレゾに絶対的な音質的優位を感じたことはない。差がほとんど分からない例も多々ある。ブラインドでどっちがどっちと当てられる自信がないハイレゾファイルは数多い。これはSACDと異なる点である。SACDはモノによってはCDに比べ圧倒的な音質のアドバンテージがあった。それは一聴して分かった気がする。
単純に音質という意味では、ハイレゾは私の中ではあまり大きな役割を果たせていない。それでいてメモリーは食う。

年末にやっていた大会議では音楽を実際に創る側の不参加のせいか、音楽の内容についての言及があまりなかった。それは大きな視点の欠落を意味する。
私個人は聞こうとする音楽の音調、音作り、奏者やプロデューサー、オーディオファイルが思い描く音のイメージによって、その様式を使い分ければよいと考えている。
異論はあるだろうが、ビートルズの音楽をハイレゾなんかで聞いても特に楽しくない。
わたしはカセットテープで聞くのが好きだ、ビートルズは。
逆にアニソンはハイレゾで聞くのがいいんじゃないかと。
アメリカのラップなんかはMP3圧縮音源がいい。
新録音のライブものは、大概はDSDがいい。臨場感がある。

そんな感じで、なんでもハイファイがいいわけじゃない。いわゆる「正しく」作られたハイレゾファイルが必ずいいとも思えない。無論、アナログがいつもいいわけじゃないし、カセットテープがいつもいいのでもない。それぞれのフォーマットに音調、音の気分というものがあり、それが曲に合うかどうか、アルバムの雰囲気、音楽の創られた時代の空気にマッチするかどうかを気にしている。
だから、それぞれのフォーマットで曲やアルバムを聞いてみて、しっくり来るものを自分で選べればいい。そういう意味で選択枝が増えればいい。それが音楽のソースの側からできる本当の高音質への道ではないかと。
オーディオを通じて、音そのものではなく音楽の中身にアクセスしたいと望む私には、音楽の中身を無視した、測定できる音質だけに関するオーディオ談義なんかは、いくら長い時間を費やしても机上の空論にしか見えない。音楽の中身というのはそれを創る者が好むと好まざるとに関わらず、芸術や人間の精神という科学では捉えきれないものに深く関わっている。そのことを、音楽を容れる器を作る者たちも忘れてもらっちゃ困る。
e0267928_044557.jpg

○月○日
それにしてもRe Leaf E1xは素晴らしい。特別なことをなにもしなくても、こんなにバランスがとれてクセが少なく、純粋でありながら押しつけがましくない音が聴ける。様々なヘッドホンアンプを聞いているが、これほど安定して凄い音を出せるものはありゃしない。完全無欠に限りなく近いHPAである。価格ははっきり言って安い。以前使っていたヘッドホンシステムは最高時で全部あわせて500万円もかかっていた。E1xのサウンドはその時聞いていたものよりも、ずっといい。Goldmund THA2もかなり良いが、バランス接続が試せないのが痛い。あるヘッドホンの能力を引き出そうとしたときに、できるならリケーブルまでしてバランス駆動したくなるのが人情である。THA2はそれができない。惜しいことだ。
また、リケーブルみたいなものだが、現在、面白いアイテムを使っている。Double helix Cableさんでつくってもらった変換アダプターだ。標準プラグを3pin XLR×2に変換するアダプター。こいつの特殊なのは、まずお目にかかれないXLRを使っていること。Bocchinoという手作りのコネクターである。接点は全て純銀、ボディは特殊なプラスチックの棒材から削り出したものだ。これを通すと音がギラッとする。音楽の勢いと輝きが増す。必要ないのに、あえてこれを通して音楽を聞いたりしている。こういう一見意味のない遊びこそ面白くてやめられない。

by pansakuu | 2016-04-10 00:50 | オーディオ機器